ネガティブだからこそ、楽観的?楽観的に目標達成するためには?

あなたは、ただの〇〇的になっていませんか?

こんにちは、福山宏です。

よく、物事をポジティブに捉えよう、と言いますね。その方が、前向きにいられるし、良いことを引き寄せられる。

つまり、目標を達成しやすい、と言う理由で・・・。

しかし、それは、ちょっと怪しいようです。

メンタリストDaiGoさんの動画を見ていて、なるほど!と思ったことがありました。

なんでもかんでも、プラスに捉えて、テンションが高いのは、楽天的、能天気。

それは、楽観的とは違います。

なんでもかんでも、ポジティブに捉える、つまり楽天的で能天気な人は、失敗をする確率が高く、しかも、同じ失敗をしやすい、と言う研究結果が出ているそうなのです。

失敗も明るく捉えるわけだから、気持ちも楽ちん。行動が止まらず、いいのかもしれませんが(笑)

ただ、なんでもプラスに捉えるのは、時間を無駄にしてしまうの可能性が、高いということですね。

あなたは、ただの楽天的になっていませんか?

ネガティブに考えるから、目標達成が早い

失敗しても気にしない、これもいいことにつながっている!と常に考えてばかりいると、冷静に状況の分析ができません。

自分の行動、方向性が、本当に適切だったのか?分からなくなってしまいます。

また、リスクをリスクと考えないようでは、目標達成までに、大きな痛手を負ってしまうかもしれません。

立ち直るまでに、時間がかかり、挙げ句の果てに、諦めるなんてことも、あるかも?

声を大にして、言いたいこと、それは「ネガティブに考えることも、大切」と言うことです。

ネガティブなこと、不安なことに気づけるから、次への対策を練ることができる。

不安要素としっかり向き合って、対策を練って、行動に移す。そして、粘り強く立ち向かう。

こうして、目的、目標が達成されていきます。

ネガティブに考えるあなたの方が、目標を達成しやすいのですよ!

具体的には、どうすればいいか?

多分、ネガティブなことを考えると、たくさん、不安要素も出てくるでしょう。

不安要素が出てきたら、具体的に書き出してみましょう。そして、それが起きる可能性を、冷静に見つめてみましょう。

その中で、これは考えすぎかな?これは結構大事かも?と言うふうに。

そして、書き出した事柄に、イメージでいいので、現実化しそうなパーセンテージを付けていきます。

その上で、最も現実的に起きそうなことについては、しっかり対策を練ります。

意外と取り越し苦労だった、とわかったことは、忘れてしまえばいいのです。

そして、出てきた対策を、行動計画に落とし込んで、あとは、淡々と実行するのみ。

慣れないうちは、この工程が面倒に感じるでしょう。

だけど、しっかり考え、対策を行動に移すと、ある意味、安心感を得られます。そして、労力をかけた自分への肯定感も上がります。

やって損はないですよ!

NO楽天的、BE楽観的!

こう言った、ネガティブな考え方から、リスク管理をして、粘り強く進める人のことを、「楽観的な人」と言います。

そして、楽天的、能天気な人に比べて、楽観的な人の方が、目標にたどり着く可能性は、明らかに高いのです。

あなたも、楽天的ではなく、楽観的にいきましょう!

YouTubeでも、そんなお話を、軽くしています。

どうぞ、ご覧ください。

・数々の喜びの姿が
お客様の声はこちら

・売上アップと人モテにつながる心と身体が手に入る
コーチングメニューはこちら

・ビジネスマンのためのメンタルアップに
心と身体の健康講座・企業研修編(準備中)

・私の想いと、仕事に至るまでの経緯
コーチ福山 宏プロフィールはこちら

・メルマガ「自信がなくてもオジサンでも!狙ったあの人から圧倒的に好かれる自分になる方法」
メルマガ登録はこちら
 

==============

コーチング×武道魂(脳科学・心理学×禅・鍛錬・マインドフルネス)
THE ART OF MIKIRI

自身を知り、相手を知る、世界を知り、自らも相手も、高みへと導く。ㅤ

==============

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。