笑いの肯定力(ショートセミナー)〜ツッコミは肯定だ!〜

こんにちは、福山宏です。

兵庫県明石市にある、本松寺。

ここには、宮本武蔵が作ったと言われる、小さな庭があります。

これが、小さいながらも、明日は神があるというか!

闘い三昧から、少し距離を置いた時期の武蔵。どんな気持ちだったのだろう?

僕自身とも、向き合った時間でした。

さて、先日、お笑い芸人さんで、心理カウンセラーの資格を持つ、鮎川さんの、セミナーに参加しました。

笑いの力って、やっぱり奥が深い!そう思ったんですよ。

笑いも武道も、対立しないことが大事。

かく言う僕は、武道の精神、メンタリティを根底に、自己、他者を理解して、社会で活躍する人を増やす活動をしています。

武道とか言ってると、固いイメージありません?

でも、武道の対人のやりとりは、俯瞰で見れば、意思、意志のやりとり。

人を笑わせることも、意思、意志の絶妙なやりとりです。

武道では、対立して、ぶつかり合うと、勝敗はつくけど、遺恨が残ります。

結果、世代を超えて闘いが絶えなくなってしまう。

勝たない、負けない、勝つ必要がない、というのが、師の教えの一つです。

笑いでも、対立して、人をおとしめるようなやりとりは、人を蔑むことになります。

そして、晒し者にして、嘲笑することになり、後味が、とても悪いですよね。

鮎川さん曰く、相手と対立しない、受け止める、肯定することが大前提なんですって。

武道と、笑いは共通してるところがあるんだなぁ、と感じました。

いや、ただ単に、両方好きだからね。

いや!好きになると言うことは、僕の中で、共通のエッセンスがあるからなんだ!ということにする(笑)

それにしても、楽しませる、笑わせるとなると、結構大変。

結婚式とかで、漫才やって、寒いのとか見掛けますもんね😰

じゃ、どうやってやるの?

鮎川さん曰く、相手を可愛い、愛おしいという気持ちで、受け止めるのが、大前提。

つまり、肯定力がモノを言う。

その上で、ツッコミを入れるのだそうです。

やはり、対立しない、受容する、肯定するって、どんな場面でも、大事なんですね。

つづく。

思うところありでした

受容する、肯定するって、結構、奥が深い。

なんでもいいよ!と、すべてを許すわけでもない。

ただ、根底に、存在自体を、大きく受け止める、というイメージですね。

改めて、肝に銘じた次第です。

つづく

インプロ「居酒屋にて、酔っ払いと店長と店員」
・数々の喜びの姿が
お客様の声はこちら

・売上アップと人モテにつながる心と身体が手に入る
コーチングメニューはこちら

・ビジネスマンのためのメンタルアップに
心と身体の健康講座・企業研修編(準備中)

・私の想いと、仕事に至るまでの経緯
コーチ福山 宏プロフィールはこちら

・メルマガ「経営者、起業家向け!売り上げUP、貢献心、人モテにつながる集中力と身体を手に入れる方法」
メルマガ登録はこちら

・コーチで個人事業主な福山のラジオ
stand.fm
 

==============

コーチング×武道魂(脳科学・心理学×禅・鍛錬・マインドフルネス)
THE ART OF MIKIRI

自身を知り、相手を知る、世界を知り、自らも相手も、高みへと導く。ㅤ

==============

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。