悪にも理由がある、だからこそ。

二つの物語から気づいたこと。

こんにちは、コーチの福山です。

悪になってしまうにも、理由があるのだなと、痛感したことがありました。

もちろん、それで許されることではないです。

ただ、悪に転じる前に、誰か1人でも、当人の気持ちを理解する人がいたなら。

そう思ったんです。

映画と小説の中の悪

映画「ジョーカー」、小説「しゃぼん玉」。

バットマンに出てくるジョーカーは、なぜ、悪になったのかの、経緯が描かれています。

しゃぼん玉では、ひったくり強盗を繰り返す青年が、更生していく様が、描かれています。

悪に染まっていくにしても、その人なりの、色んな状況が重なっての、気持ちの動きがある。

色んな状況が重なっての、考え方が出来上がっていく。

決して、悪の状態を、野放しにして良い、と言う意味ではありません。

ただ、どうしてそんな気持ちになったの?どうしてそんなことをしちゃったの?を根気よく探っていくと、見えてくるものがあります。

そして、その時の気持ちを、受け止めるだけで、人は変わるチャンスを得ます。

気持ちを受け止めてもらえるだけで、視界がパッと広がった感じがする。

別の捉え方をしてみようか、と言う、心の余裕が出てくるものです。

自分の気持ちに素直になる

あなたには、いいとわかっていても、どうしても、前に進めない、行動に移せないことは、ありませんか?

そんな時は、前に進もうとすると、行動に移そうとする時、どんな気持ちになるのかを、自分に問いかけてみてください。

怖い!危険だ!同じ失敗を繰り返して、辛い思いをするだけだ!

色々とあるでしょう。

そこに気付けたら、気持ちを受け止めることが、半分できたようなものです。

そこから、色々、視点を変えて、様々なことを、考えていく。

そうすると、新たな方針も決まって、同じことをしなくても、すむようになります。

まずは、自分の気持ちと向き合って、しっかりと受け止めてみませんか?

・人生を切り開いた喜びの声
お客様の声はこちら

・自己肯定感アップから、目標達成まで
コーチングメニューはこちら

・ビジネスマンのためのメンタルアップに
脳と身体のパフォーマンスアップコース(準備中)

・私の想いと、仕事に至るまでの経緯
コーチ福山 宏プロフィールはこちら

・メルマガ「やる気ホルモンで過去最高の自分と超えていく方法」
メルマガ登録はこちら(準備中)

・コーチで個人事業主な福山のラジオ
stand.fm
 

==============

コーチング×武道魂(脳科学・心理学×禅・鍛錬・マインドフルネス)
THE ART OF MIKIRI

自身を知り、相手を知る、世界を知り、自らも相手も、高みへと導く。ㅤ

==============

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。